取引実績1

 

 

私の行なった実際の取引結果をご覧頂き
1,000円の資産が1ヶ月で約25万円になったことは
これでお分かりいただけたと思いますが、

 

 

 

ただ、あえて言うのであれば

 


この2つの要素を抑えた上で、

 

 

という決められたトレードルールに沿って取引を繰り返しているだけです。

 

 

 

 

 

初心者だろうと上級者だろうと、
同じチャンスが与えられる手法であるから
あなたが、明日から私と同じような
結果を得ることは決して無理なことではないのです。

 

 

これからあなたがどれ程の利益を得られるか、
それをリアルに見てもらうことこそが
何よりの判断基準になると思うのです。

 

 

 

 

*メールアドレス  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だお前は?
と、思われた方がほとんどかと思います。

 

簡単に自己紹介をさせて頂くと
バイナリー歴1年半、FXも合わせると計4年の投資歴となる
30代後半になる、個人投資家です。

 

当初は勤めながら副業として投資を始めましたが、
紆余曲折を経ながらも“投資で生きていく”ということが
現実的に可能であることを経験し、
1年ほど前に本業を捨て専業として日々FX、バイナリーオプション
ごくたまに株を取引する、そんな生活を送っています。

 

元々FXでそこそこの成果を出せるようになったのですが、
ただ儲けることだけを目的にしていてもつまらない…
そのような理由から全く未知の世界であった
バイナリーオプションというものに手を出したのが始まりでした。

 

自分で言うのもなんですが、ちょっと人とは変わった理由だと思います…(汗)

 

勿論、投資として行う以上は利益を求めることも踏まえていましたが、
それ以上にバイナリーオプションの仕組みであったり、ルールであったり
その他、特殊な市場観にも興味があったのです。

 

しかし、今となってはそこに興味がなければ、
今こうしてあなたに向けて手紙を書くこともありませんでした…

 

 

 

 

これから先のバイナリーオプション市場において
今まで常識とされてきたことのほとんどが崩れ去り、
それと同時にこれまで無視され続けていたものこそが
何よりも必要な時代になるのです…

 

 

 

 

爆発的な人気を博したFXに次いで、シンプルでリスクが少なく、
より安心して簡単にできる投資として大きな注目を浴びているバイナリーオプション。

 

そのバイナリーオプションのメリットやルールのシンプルさから
これまでFXの世界で思うように結果が出せなかったトレーダーが
バイナリーオプションでは面白いほどに結果を出せるようになった、など
その手軽さ、気軽さからも今後、更にユーザー数の増加が見込まれています。

 

しかし、注目が集まっている市場だからこその問題とも言うべきでしょうか・・・

 

近頃では高額な自動売買ソフトやロジックの一切分からないシグナル配信など
初心者などをターゲットにした悪質な商売も横行しています。

 

素人、プロを問わず、たまたまその時上手く利益を出すことに成功した
“自称トップトレーダー”の根も葉もないノウハウの普及も目に余るものがあります。

 

「これなら自分でも無理なく投資できそうだ!」
「FXは難しかったけどバイナリーオプションであればいけそうだ!」

 

そう明るい未来を夢見てきた人達が無責任な他人の行いで、
その夢や希望に絶像を抱いてしまっているのです。

 

 

 

 

 

そんな言葉を至る所で目にしたり耳にしたりします。

 

しかし、悪いのは決してそれを信じた人ではありません。

 

 

 

ただ、これまでにその本質を語ることのできない、
つまり、そもそも本質を理解していない者達ばかりしかいなかったのです。

 

「私のノウハウは本物です」
「このソフトがあればもう大丈夫です」
と嘘八百を並べ“本物”に見せかけてていただけで
当然、そんな者達が生み出したノウハウなど一過性のもので
長期的に利益を出すことはできません。

 

現に、これまでに世に出回っているほとんどのノウハウが
時間が過ぎるに連れて、使えなくなってきています。

 

そして、その真相の全てがあらわになるのが
2013年の規制問題に始まった
バイナリーオプション市場全体の変貌です…

 

 

 

現在既に実施されているように2013年の規制によって

 

 

この3点が規制されることとなりました。

 

言うまでもないかもしれませんが
バイナリーオプションのメリットでもあり特徴でもあった
「身近対時間で大きく稼げる」という点が
完全に抑え込まれてしまったのです。

 

結果としてユーザーにとってこれまで基準とされていた
取引形態、取引期間、投資額の上限が大きく変わることによって
手法、戦略について修正せざるを得なくなります。

 

現に、ブログなどで自身のトレードを掲載していたトレーダーなどをみれば
四苦八苦している姿や中には姿が分からなくなってしまった人を目にします。

 

 

しかし、
そもそも日本国内で提供されているバイナリーオプションの特異性や
その背後をしっかりと理解していれば、ここまで焦る必要もなかったのも事実です。

 

 

 

ただ、今回の規制は、何も突発的なものではなく、
日本という国における仕来りや仕組みを辿れば
こうなることは誰しもが想定できうる話しでもあったのです。

 

その仕来りや仕組みを踏まえた上で
今回規制された理由は大きく分けて二つあります。

 

まず一つは、投資家の自己責任を過保護に守るよう政策を施し
証券市場を始め日本経済全体を冷え込ませた民主党政権の政策です。

 

そして、二つ目は日本国内における賭博を巡る“利権”です。

 

既にご存じかとは思いますが、日本国内において
合法的に許可されている賭博は競馬・競輪・競艇といった
国そのものが運営する公営レース。

 

そして唯一民間で展開されているパチンコしか存在しません。

 

国営のものに関しては誰も文句は言いません。

 

問題となるのはパチンコです。

 

パチンコは風営法の規制下にあり、実情として
それを統括する警察権力と深い結び付きがあります。

 

その中で警察権力からすると
「我々の目の届かないところで賭博は許可しない」
という考え方、スタンスがあります。

 

この2つの社会的仕組みが何を示しているのか?

 

それはバイナリーオプションの取引がシンプルであり
通常の証券取引とを比較した際に、投機性の高さが
公営ギャンブルやパチンコの既得益を害する恐れがある、
と関係各所に判断されてしまったのです。

 

それによって民主党の政策によって動いた
金融商品取引法を運用する財務省と警察の両方から
バイナリーオプションに対しての圧力がかかり
取引方法、取引期間、取引額に規制を掛けることで
バイナリーオプションの衰退を狙ったのです。

 

勿論、それ以外にも様々な理由があります。

 

ただ、現実として今回の規制はこの2点によるものが 
金融業界、投資業界の立場などを踏まえた上でも明白です。

 

これを当然のことして受け入れるのか
日本の経済を衰退させる行為であると批判的に見るかは
人それぞれ異なり、どちらが正しいというものでもありません。

 

 

 

 

ただ、今回の規制によって
バイナリーオプションそのものが行えなくなる訳ではなく
道はまだ残されています。

 

 

 

 

 

国内業者が賑わっていた頃からじわじわと認知度を上げてきた海外業者もあり
割と昔からなじみのあるトレーダーも多いかもしれません。

 

特に、現在三大大手と言われる
「24option」「TRADERUSH」「smartoption」などは
日本でバイナリーオプションが広まり始めた頃から早々に参入してきました。

 

その上でこれらの海外業者は、日本以外に所在している関係から
日本の法律の制約を一切受けない、ということで注目が集まっていました。

 

 

 

 

つまり、これまでと同じように通常通りのルールの下、
バイナリーオプションを行うことができるということなのです。

 

元を辿れば、バイナリーオプションは海外で発祥されたもので
云わば、海外業者こそがバイナリーオプションの基盤です。

 

 

 

 

個々の細かいサポート面でこそ国内の証券会社に比べれば、
多少怠る部分はありますが、 取引環境面のみで言えば
国内の証券会社よりはるかにクオリティが高いと言えます。

 

また、当初危惧されていた入出金のスムーズさであったり
その他“海外業者ならでは”のトラブルについて一部で騒がれていましたが、
これまで大きなトラブルなどはなくその多くの業者が正当なサービスを提供し
その信頼を獲得しています。

 

しかし、ここ最近では“他”の部分で問題も浮上してきているのも事実です...

 

 

 

既にバイナリー歴の長いトレーダーの方はご存知だと思いますが、
つい最近までは数える程しかなかったバイナリーオプション業者も
今は星の数ほど存在している、と言えるほど膨大な数となってきました。

 

新興業者ならでは新しいサービスやサポートも増えつつあり
トレーダーの中でも業者選びが活発になる一方です。

 

そして、その市場の拡大に平行して
様々な情報やノウハウも世に出回るようにもなりました。

 

 

これまで規制に関する話題ばかりが持ち上げられ
停滞気味だったバイナリーオプションですが、
徐々に明るい面も見え始めたと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

先ほども少し触れましたが、数えられない程の業者が
次々に登場している現在、業者それぞれが
他の業者にはない新しいサービスや有利な条件を掲げ展開しています。

 

これまで限られた数社が似たり寄ったりのサービスを展開しているだけで
あったことを考えれば一つ新しい風が吹き、業界の活性化にも繋がっている
と見る専門家も多くいます。

 

しかし、そのような前向きな見方がある一方で
私達一トレーダーにとっては大きな落とし穴ともなり得る点もあり、
一概に喜んでばかりではいられない面もあるのです。

 

 

 

 

 

その最も具体的なものが業者毎による取引条件の違いです。

 

取引の幅が広がり、また自由化が進んでいるバイナリーオプション市場。

 

それに伴って業者間での競り合いも激しさを増しています。

 

その競り合いの中で我々トレーダーにとって
直接的に関係してくるのが“ペイアウト倍率”です。

 

あまりメジャーではない通貨ペアや株式、先物などについては
まだ業者が少ない頃から、業者毎によってかなりの開きがありました。

 

しかし、ここ最近においてはメジャーである通貨ペアにおいても
業者によって天と地の差がある、と言える程開きがあることも
決して珍しくはなくなってきています。

 

それこそが、我々にとっては決して他人事ではないことなのです。

 

バイナリーオプションの特性上、同じ手法でも業者側の条件や設定、
例えばちょっとしたペイアウト倍率の違いなどで
勝敗は然り、得られる利益の金額さえも大きく変わってしまいます。

 

現状、そこそこの勝率をキープしそこそこの利益を得られている
手法があったとしても、それがどこの業者でも使える訳ではなく、
また、現在の業者同士の競り合いの中でペイアウト倍率が変動してしまえば
その手法そのものがどこの業者でも通用しなくなる可能性さえあるのです。

 

つまり、現状のバイナリーオプション市場において
手法と業者というのはもはや切っても切れない関係性ができてしまっている
と言っても過言ではなく、手法と業者の条件が一致しなければ
自分が望むような結果を得るべくして得ることが難しくなっているのです。

 

効率良くシンプルに稼いでいけるはずのバイナリーオプションが
業者の多様化、サービスの多様化によって、
このように徐々に複雑化されつつあります…

 

 

 

同じ勝率であってもペイアウト倍率によってトータル的に
A社では利益が出るが、B社ではマイナスになる…

 

単に手法の勝率だけではなく、
その手法がどの業者(条件)でどれくらいの期間勝ち続けられるのか、
というとこまでを加味しなければならなくなったのです。

 

つまり、業者の条件を前提としてトータル的に
安定した利益を出すことのできる手法を
構築していかなくてはいけない、ということなのです。

 

これまで何となく勝てる、何となく勝率が良い、
という曖昧な中でも利益を増やしてきたトレーダーも多くいます。

 

 

 

バイナリーオプション市場全体の流れ、
そしてその中で設定されていく業者毎の条件、
更にその条件下で利益を出すためにどの戦略が有効なのかが
求められるようになっていきます。

 

このことに気付くか、気付かないか、
それこそが運命の分かれ道となると言っても過言ではありません。

 

しかし、現時点において
それに気付き、既に対策を考えて取引をしているトレーダーは
一体どれほどいるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

少々意地悪な質問の仕方かもしれません…

 

しかし、この先もバイナリーオプションで利益を得たいのであれば
今、自分が行っている手法、取引が、
本当にこれからのバイナリーオプション市場を踏まえたものであるかを
冷静に判断しなければならない時が来ているのです。

 

過信こそが失敗を招く投資において決して他人事と考えてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今日の明日で変われるほど簡単にはいかないのが現実です。

 

現実的な話しとして今後のバイナリーオプション市場の流れ、
そしてどのように対策していかなくてはならないのかを理解できたとしても
これからそれを自分で考え、やっていかなくてはならないのです。

 

市場を調べなくてはなりませんし、
その上で検証をしていかなくてはなりません。

 

相当な労力がかかることは否めず何よりも時間がかかります。

 

今すぐにでも対策をしなければならない中で
それら一つ一つをこなしていくのは現実的に考えて難しい、
という人も少なくはないはずです。

 

更に酷なのは、今こうして考えている瞬間にも
市場はどんどん先へ先へと進んでいるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで説明してきた数々の問題と現状、
そして今後におけるバイナリーオプション市場の予測。

 

私はこの事に誰よりも早く考え行動し、今に至っています。

 

つまり、今ここで説明をしてきたことを踏まえた上で
今、そして今後のバイナリーオプション市場に合致した投資法を構築し
その手法で利益を積み上げています。

 

その手法とそれにによって積み上げた利益とこそ
冒頭で示してある、あの実績なのです。

 

 

 

それをそっくりそのままあなたに提供したいのです。

 

 

 

その文字通り、今回のオファーにおいて
戦略、そして手法そのものをそっくりそのままあなたに提供します。

 

 

 

 

この手法の解説は然り、その根本として何故この手法が勝てるのか?
そのロジックもしっかりと解説させて頂きます。

 

ただ、取引を進めていく上で、
あなたが行うこと、そのものについては非常にシンプルです。

 

ここまでの説明からして手法そのものが難しいのでは?
という印象を持ったかもしれませんが、
手法そのものは一定にルール化されているので、
実質、そのルールに従って取引を重ねていくだけで構わないものとなっています。

 

 

例えば、

 

このような形で“明確”になっています。

 

つまり、

 

 

ですから、これからバイナリーオプションを始める初心者であっても
そう苦労することもないでしょうし、ましてや既に経験のある人からすれば、
そのシンプルさに拍子抜けするかもしれません。

 

その上で、もう一度この実績をご覧ください。

 

取引実績1

 

 

拍子抜けしてしまう程シンプルな手法であるにも関わらず
このように、次々と利益を重ねていくことができるのです。

 

 

ただ、そんなシンプルな手法でありますが、
一点だけ注意して頂きたいことがあります。

 

それは“取引回数”。

 

この手法において何よりの肝となるのがこの取引回数になります。

 

この手法を構築するにあたって
“長期的に安定した利益を獲得する”
ということが前提の一つとしてありました。

 

それを実現させるためには極力多くの取引回数を重ねること、
これに尽きます。

 

その理由となるのが冒頭にある実績です。

 

一日、三日、一週間、二週間、一か月、そしてトータル、と
区切りを付けて見て頂けるとお分かりいただけると思いますが、
期間を短く区切れば区切るほど勝率は安定しません。

 

しかし、期間を長く区切りコツコツと勝ち…負け…勝ち…と
取引そのものを積み重ねていくことで週ごと、月ごと、そしてトータルと
安定した勝率になっていくのです。

 

 

 

 

ただ、日々、真面目にコツコツと取引を重ねていくことによって
安定した利益を得られるものであり、
ギャンブル的に取引をして突発的に大きな利益を得られる、
という手法ではありません。

 

今回の提供にあたって私自身の経験から一日何回程度の取引を行ったのか、
また主な取引時間については目安として提示しますが、
厳密に、一日何回以上取引しなければならない、
また何時〜何時まで取引しなければならない、というものはありません。

 

 

 

 

しかし、手法の前提として“取引を重ねること”によって
安定した利益を得られる、ということを是非覚えておいてください。

 

 

 

ただ、お気づきの方もいるかもしれませんが、
それこそこれを自動売買ソフトにした方が手っ取り早いのではないか?

 

そう思われるかもしれません。

 

確かにそれは可能ですし、実のところ私自身もそれを考えています。

 

しかしです・・・

 

勝つ為に必要な重要なポイントを知らせぬまま
ただ自動売買プログラムとして、
ただのシグナル配信としてあなたに渡したところで
果たしてあなたにとって何のメリットがあるか冷静に考えてみてください。

 

恐らくあなたもこれまで様々なソフトを手にしてきたと思いますが、
結局のところ一時的な結果でしかそれを判断することができず
本当に効果のある手法、手段を見極める為の
効果的な手段だとは到底言えないのではないでしょうか?

 

実のところ、私自身も今まで自動売買ソフトに
頼ってきた時期がありました。

 

まさに、私自身がそのような体験をしてきたからこそ分かるのです。

 

まさしくそれこそギャンブルではないでしょうか?

 

私自身がそれで失敗してきました。

 

 

 

 

 

結局のところ、何故勝てるのか?それを理解していなければ
勝てるトレーダーにもなれないし、
利益を増やすこともできないのです。

 

 

 

 

そして、もう一つ理由があるのです。

 

 

 

自動売買でない以上、少なからず手間がかかります。

 

しかし、それこそが私にとっての狙いと言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

“世界一の投資家”とも言われる
ご存じ、ウォーレン・バフェットは
このような言葉を残しています。

 

 

 

 

歴史に名を残した偉大な投資家達、現存する偉大な投資家達、
そのいずれも偉人達が大きく成功するための極意として
“一極集中”を挙げているのです。

 

彼の専門は株であることから、少々違和感を覚えるかもしれませんが、
私が投資を始めてから彼の言葉には何度も助けられました。

 

一つのロジック・手法に対して真摯に向き合い、
より絶対的に勝つための法則を導き出すということにも通じているのです。

 

世間では「分散投資でリスクを減らせ」と、奨める者もいます。

 

自動売買ソフトで楽に資産を増やせという者もいます。

 

しかし、これだけ目まぐるしく動いている市場で
いくら理論や統計などの数字から合理性があったとしても
トレーダー自身がそれを操れるだけの知識、スキルがなければ
それが、いつか淘汰されてしまうのは目に見えませんか?

 

冷静に考えれば、誰しもが頷くはずです。

 

 

 

 

こういうと少々難しいように感じてしまうかもしれませんが、
先にも説明した通り、手法そのものは本当にシンプルです。

 

だからこそ、一気に集中してこの手法をマスターして欲しいのです。

 

そして、ここまで言うのには他にも理由があります。

 

ここまでの話しを踏まえた上で、
私がこのオファーを出した本当の目的についてお話ししなければなりません....

 

 

 

こうして、オファーを投げかけている、その行為自体を見れば
誰しもが分かる通り、私自身が儲けたいというのが率直な理由です。

 

実績で公開しているよう月に20万、30万と稼いではいますが、
ここに至るまでの経費なり試験的に運用して負けた資金などを考えれば
まだまだ大赤字です。

 

ですから、その赤字を埋めるため、
つまりは私自身の今後の取引資金を増やすことが目的です。

 

しかし、何故このタイミングなのか?

 

それについては私の利害に関係ない理由があります。

 

 

 

 

これまでお話ししてきた通り、
私自身が今後のバイナリーオプション市場を踏まえた上で
新たな戦略、手法を練り直さなければならないと気付いたのが
2013年の上旬でした。

 

それから約1年が経ち今日に至っています。

 

この市場を長く見てきた人は感じていると思いますが、
この1年という間にバイナリーオプション市場全体が
誰しもが想像していたよりも大きく、
そして、想像していた以上に早く変わりました。

 

 

 

 

現に、この市場の変化に多くの人が追いつけなくなってしまっているのは
様々な媒体や情報を通じて確認することができます。

 

しかし、そのことについて知れる場所、知るきっかけはあったでしょうか?

 

 

 

 

つまり、必然的に多くの人が変化する現実に追いつけなくなっていくことは
火を見るよりも明らかである、と言っても過言ではないのです。

 

そこで、私は決意しました・・・

 

私がやろう、と。

 

バイナリーオプションに出会って様々な体験をし
投資というものがどういうものであるのか?を知れる楽しさ、
そして何よりも利益を得る楽しさを知っているからこそ、
可能であればそれを他の人にも教えてあげるのも悪くない…

 

そんな思いは昔からありましたがなかなかそういった機会もなく、
ましてや大々的に表に出ようなどとも思ってはいませんでした。

 

しかし、今回ばかりは事の重大さも違います。

 

一流と言うにはまだまだほど遠いかもしれませんが、
それでも誰よりも真剣に利益を得られるようになろうとして
バイナリーオプションに取り組んできた中で
私にしか提供できないものがあるという自信がありました。

 

一流の人には一流の人にしかできないことがありますが、
その反面、無名で細々とトレードをする私のような人間にしか
できないことというのもあるのです。

 

 

 

 

 

誰しもが希望や夢を持ってバイナリーオプションを始めたと思います。

 

しかし、その夢や希望を叶えるには偶然なのか必然なのか所々に大きな壁が現れたりするのものです。

 

そして多くの人がそれを自分一人の力でどうにか乗り越えることを強いられます。

 

誰の力も借りることもできない、酷な世界でもあります。

 

しかし、何か一つでも前に進むためのきっかけとなるものがあれば
自分でも驚く程、上手く回り始める、そんな面白いことも起こったりもします。

 

まさに、それが投資の醍醐味でもあり、大なり小なり皆それを知っているからこそ辞められないのかなと、
つくづく思うことがあります。

 

 

今、あなたはどちらにいますか?

 

 

 

恐らく、後者なのではないでしょうか?

 

 

しかし、頭を抱えるのももう終わりです。

 

何故なら私が好転への“きっかけ”を用意したからです。

 

 

 

 

夢を持って始めたあの頃のわくわく感…
そして、徐々に夢の実現へと着々と進んでいる実感を
あなたは得ることができるようになるのです。

 

この手法の有効性、再現性からして5万円、10万円で提供したとしても
決して高くはないものと自負しています。

 

しかしです・・・

 

私自身、資金のあまりない中でのトレードが
どれだけ大変であるかを、誰よりも知っています。

 

「そして、いくら良さそうな商材だな・・・」
「この商材なら大丈夫そうだな・・・」
と思っていても心の中では
「本当にそれだけの価値があるのだろうか?」
と、これまでの失敗も頭に過り気が気ではないのです。

 

 

今までは買うばかりだった側から
今こうして与える側になってみましたが
やはり、これまで私が辿った経緯を踏みにじらないためにも
その気持ちだけは忘れたくありません。

 

それら全てを含めた上で、
これからの市場を共に乗り越えていく仲間であるあなたに対して、
最低限の負担で済む価格として29,800円だけ頂こうと思います。

 

 

決済ボタン

 

 

 

 

そして、今回参加してもらうにあたって、
あなたがより早く、そして着実に成功に近づけるようにと考え
以下のコンテンツを特典として用意しました。

 

 

 

 

 

正直な話をすれば相当な手間もかかります。

 

しかし、私自身がこの手法で成功を手にしていく姿をあなたに見せなければ
何の説得力もないと思うのです。

 

だからこそ、売ったらそこまで、ではなく
“現実”を見てもらうことであなた自身が
「自分でもできる」という自信に結び付けてほしいのです。

 

 

 

 

ですから、この特典もマニュアルと同じように真剣に見て
そしてあなたの取引に取り入れてみてください。

 

 

 

決済ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

決済ボタン

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

決済ボタン

 

 

※投資に係るリスクおよび手数料について
投資に関わるリスクと手数料につきまして、当サイトは投資行為に関する情報提供を目的としたものですが、当サイトで提供している情報の内容の完全性、正確性、有効性等を保証するものではありません。投資行動には上記でも説明してあるとおり一定のリスクが存在します。最終的な投資の意思決定は、お客様ご自身の判断で行なっていただきますようお願い申し上げます。